ホームニュース"水素ボイラー"の取り組みについて

"水素ボイラー"の取り組みについて
2017年1月17日

世界初の"水素ボイラー"の実証試験を開始しました。

当社は、山口リキッドハイドロジェン株式会社、東芝燃料電池システム株式会社、岩谷産業株式会社と共同で、山口県が2014年に公募した「平成26年度 やまぐち産業戦略研究開発等補助金」において採択された純水素型燃料電池システムの研究開発および実証実験に参画しております。
このたび、水素ボイラー型の純水素燃料電池システムを、山口県周南市内のグリーンガス運輸株式会社に設置し、実証運転を開始しました。
本実証実験により2018年3月まで、稼働データを収集するとともに、最適な運転方法や新規設計品の妥当性を検証し、市販化モデルの構築を図ります。
長府工産株式会社は低炭素社会の実現のため、CO2を排出しないシステムで安心安全快適な社会を目指し、今後も水素社会の実現に向けた様々な取り組みを進めてまいります。

news170117.jpg

※左から、水素シリンダー、データ計測装置、貯湯ユニット(長府工産製)、発電ユニット(東芝燃料電池システム製)